消防士になるためには

スポンサードリンク

消防士になるためには

町を守る為に命を掛ける仕事の1つが消防士ですね。
消防士は非常に激務で危険の伴う仕事ですが、
常に一定の人気を保つ職業でもあります。

 

 

消防士になるには特別な技能が必要というわけではありませんが、
地方公務員に属する職業ですので
各自治体が実施する消防官採用試験に合格しなければなりません。

 

 

地方公務員試験の場合、
受験資格や受験内容は各自治体が決める為一律ではありませんが、
例えば受験資格で言えば大体30才未満の年齢制限がつく他は
基本的にこれといった制限はありません。

 

 

当然女性でも受験できます。
また受験レベルは上級(大卒程度)・中級(短大卒程度)
初級(高卒程度)に分かれるところは全ての自治体で共通しています。

 

 

上級の場合には「建築」「電気」「化学」「機械」といった
専門分野で区分を設けているところもあるようです。

 

 

消防官採用試験においては一般教養を問う筆記試験や論文、
面接の他に、例えば腹筋や反復横とびなど体力検査も
行われるのが他の公務員試験と異なる点と言えます。

 

 

無事採用試験に合格すれば、消防学校に入学し、
半年間消防士としての知識や技能を学びますが、
その間にも公務員として収入を得ることができます。

 

 

卒業後、各消防署に配属されて、消防士として活躍することになります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

消防士になるには関連ページ

公立小学校教諭になるには
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
地方警察官になるには
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
警察庁警察官になるには
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
刑事になるためには
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
外交官になるには
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。

 
公務員の基本 公務員試験 公務員の待遇 その他の公務員になるために