刑事になるためには

スポンサードリンク

刑事になるためには

2時間ドラマを始め小説や映画など
様々な分野で主人公を務める「刑事さん」ですが、
実は「刑事」という役職はなく、
「刑事部門」に属し私服で犯罪捜査に臨む警察官を
俗称で「刑事」と呼んでいるのです。

 

 

警察官ですから公務員に属しており、
公務員に属しているということは、
刑事になる為には当然公務員試験を経て採用される必要があります。

 

 

テレビドラマのような事件捜査を行うような
刑事になりたいのであれば、
各都道府県の実施する警察官採用試験を受けて
合格しなければなりません。

 

 

警察官として採用されてから研修や実務を経た後、
自ら刑事部を希望すると共に上司による推薦が必要になります。

 

 

上司による推薦を受ける為には、
交番勤務や交通取締りにおける表彰などで
実績を積んでおく必要があるでしょう。

 

 

実績が認められるには少なくとも3〜4年は掛かるといわれており、
それでも推薦を受けられるのは2〜3名という
非常に狭き門になっています。

 

 

無事推薦が受けられたなら書類審査と面接があり、
警察学校で講習を受けることになります。

 

 

約3ヶ月間の講習で学科と実技を学び、終了して合格すれば、
晴れてあこがれの「刑事」になることができるのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

刑事になるためには関連ページ

公立小学校教諭になるには
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
地方警察官になるには
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
警察庁警察官になるには
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
消防士になるには
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
外交官になるには
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。

 
公務員の基本 公務員試験 公務員の待遇 その他の公務員になるために