地方警察官になるには

スポンサードリンク

地方警察官になるには

国の治安を守る警察官も公務員の1つですが、
普段交番など町で触れ合うことの多い警察官は地方公務員、
警察庁で幹部候補生として働く警察官は国家公務員となります。

 

 

ですからどちらの警察官を目指すかで、そのルートに違いがあります。

 

 

地方公務員としての警察官になる場合には、
まず各都道府県が行う警察官採用試験を受験しなければなりません。

 

 

採用試験は各都道府県によって多少違いがあるのですが、
大抵A区分とB区分に分かれており、
A区分は22才以上33才未満で大学卒業かあるいは卒業見込み、
B区分は18才以上33才未満で短大・高校卒業あるいは卒業見込みが
受験資格の条件になっているところが多いようです。

 

 

また警察官は職務遂行のために体力が必要である為、
身長や体重、視力(あるいは矯正視力)にも制限がありますが、
ほとんどの人はこの点が問題になることはないでしょう。

 

 

採用試験では一次試験の教養試験と論文試験、適正試験、
二次試験の面接試験が行われます。

 

 

場所によっては適正試験が二次試験に組み込まれているところも
あります。

 

 

また剣道・柔道の段位やスポーツ歴、語学能力なども
評価の対象になりますが、近年では犯罪が巧妙化してきているため、
情報処理やコンピューターセキュリティ、法医学、
心理学などの特殊技能を持つ人を中途採用する傾向が
高まっているようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

地方警察官になるには関連ページ

公立小学校教諭になるには
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
警察庁警察官になるには
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
刑事になるためには
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
消防士になるには
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
外交官になるには
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。

 
公務員の基本 公務員試験 公務員の待遇 その他の公務員になるために