様々な公務員になるために

スポンサードリンク

様々な公務員になるために記事一覧

公立小学校教諭になるには

公務員の中でも最も馴染みのある存在と言えば、小学校の先生ではないでしょうか。誰しもが6年間、お世話になりましたよね。では公立小学校教師になるにはどんな段階を経なければならないでしょうか。必要な資格や条件を見てみましょう。前述の通り、公立学校の教師は公務員ですので、国が制定した法律にのっとって採用され...

≫続きを読む

 

地方警察官になるには

国の治安を守る警察官も公務員の1つですが、普段交番など町で触れ合うことの多い警察官は地方公務員、警察庁で幹部候補生として働く警察官は国家公務員となります。ですからどちらの警察官を目指すかで、そのルートに違いがあります。地方公務員としての警察官になる場合には、まず各都道府県が行う警察官採用試験を受験し...

≫続きを読む

 

警察庁警察官になるには

一言で警察官と言っても交番で働くようないわゆる「町のお巡りさん」的な存在である警察官は地方公務員、警察庁で幹部または幹部候補生として働くいわゆる「キャリア組」は国家公務員に属します。地方公務員の警察官が出世して警察庁長官や警視総監になることはあり得ませんから、もし出世して「キャリア組」になりたいなら...

≫続きを読む

 

刑事になるためには

2時間ドラマを始め小説や映画など様々な分野で主人公を務める「刑事さん」ですが、実は「刑事」という役職はなく、「刑事部門」に属し私服で犯罪捜査に臨む警察官を俗称で「刑事」と呼んでいるのです。警察官ですから公務員に属しており、公務員に属しているということは、刑事になる為には当然公務員試験を経て採用される...

≫続きを読む

 

消防士になるには

町を守る為に命を掛ける仕事の1つが消防士ですね。消防士は非常に激務で危険の伴う仕事ですが、常に一定の人気を保つ職業でもあります。消防士になるには特別な技能が必要というわけではありませんが、地方公務員に属する職業ですので各自治体が実施する消防官採用試験に合格しなければなりません。地方公務員試験の場合、...

≫続きを読む

 

外交官になるには

日本人の代表として国の立場や利益を考えて外国と交渉する仕事が外交官です。外交官は外務省に属する国家公務員で、その為外交官になるにはまず国家公務員1種試験か外務省専門職員採用試験に合格しなければなりません。どちらの試験も難関ですが、特に国家1種は全ての公務員試験の中でも最も合格が難しく、その為合格すれ...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


 
公務員の基本 公務員試験 公務員の待遇 その他の公務員になるために