公務員の産休・育児休暇制度

スポンサードリンク

公務員の産休・育児休暇制度

福利厚生などあらゆる面で待遇が良いとされる公務員。
その1つは休暇が取りやすいという点かもしれません。
休暇制度も公務員法で定められた条件で施行されています。

 

 

例えば産休や育児休暇制度。
民間企業でも産休や育児休暇の認知度は高まってはいるものの、
実際に休暇を取るとなるとまだまだ難しく、
結局出産を期に退職するという女性も多いようです。

 

 

あるいは産休が取れるとしても、その間は有給扱いにはならず、
収入がないため会社やハローワーク、社会保険事務所などに
申請して給付金をもらうという面倒な手続きをしなければなりません。

 

 

しかし公務員の場合、
産休とそれに続く育児休暇は改正育児休業法によって
しっかりと守られている為、
産前6週間・産後8週間、その後は子供が満3才未満になるまで
育児休暇を取ることができ、その間の収入も心配する必要はありません。

 

 

公務員の場合、育児休暇の申請は、
開始したい日から逆算して
1ヶ月前までに必要な書類を人事担当課に提出し申請します。

 

 

また、休業中の立場は公務員ですが、定員外職員と言う扱いになります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

公務員の産休・育児休暇制度関連ページ

給料
公務員の待遇で一番気になるのが公務員の給料ではないでしょうか。公務員の給料は民間と比べて高いとか安いとか言われますが、実際はどうなのでしょうか。
福利厚生
公務員の待遇として気になるのが福利厚生ですよね。公務員の福利厚生は恵まれていると言われますが、どのくらい恵まれているのでしょうか。公務員の福利厚生についてご紹介します。
共済制度
公務員の待遇で気になるのが共済制度ですよね。共済制度の短期給付事業の内容についてみていきたいと思います。共済制度短期給付事業の内容とはどのようなものでしょうか。
共済年金
公務員の待遇で特に話題にあがるのが共済年金です。一般の会社に勤める方が加入する年金と共済年金の内容とではどこが違うのでしょうか。共済年金についてご説明します。
公務員の退職金の計算基準
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
公務員採用までの流れ
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
公務員試験の併願
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
公務員の失業保険
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。

 
公務員の基本 公務員試験 公務員の待遇 その他の公務員になるために