公務員の待遇

スポンサードリンク

公務員の待遇記事一覧

公務員の待遇|公務員の給料は安い?

民間企業と公務員の違いの1つは、定められた「公務員法」にのっとって働き報酬をもらうという点で、つまりもらえる給料も法律によって定められているということです。一般的に「公務員の給料は民間より良い」と思われがちなようですが、実際のところどうなのでしょうか。まず公務員の給料は「俸給」と「諸手当」の2つで成...

≫続きを読む

 

公務員の待遇|公務員の福利厚生は恵まれている?

公務員の魅力の1つが福利厚生だと言われますが、実際のところ、民間企業と比べてそれ程充実しているのでしょうか。公務員の福利厚生には以下のようなものがあります。一つは官舎や公舎。敷金や礼金は一切必要とせず、最高級マンションレベルでも月6万円程度。ボロアパートで我慢するなら月額1万円程度だそうです。そして...

≫続きを読む

 

公務員の待遇|共済制度の短期給付事業の内容

充実した公務員の福利厚生として、共済制度を挙げる人は多いと思います。共済制度は法律に基づいて国家公務員、地方公務員、そしてあまり知られていませんが私立学校教職員、農林漁業団体職員といった職に就く人たちが保険者となって、法人格を有する組合組織を形成しています。この組合には短期給付事業と長期給付事業の2...

≫続きを読む

 

公務員の待遇|共済年金の内容

現在の日本では、年金制度は基本の国民年金と、企業に勤める会社員に上乗せされる厚生年金の2つで成り立っています。しかし公務員の場合、民間企業ではありませんから、公務員法にのっとって、厚生年金の代わりに「共済年金」が支払われることになります。この共済年金制度が共済組合の「長期給付事業」のことなのです。共...

≫続きを読む

 

公務員の退職金の計算基準

福利厚生やボーナス、休暇制度などが総じて民間企業よりも良いと言われ会社員から羨望の眼差しで見られることの多い公務員ですが、その中の1つ、退職金について考えてみましょう。公務員の退職金は、法律や条令によって定められています。従って企業によって査定方法がバラバラである民間企業に対し、公務員は一定の基準に...

≫続きを読む

 

公務員の産休・育児休暇制度

福利厚生などあらゆる面で待遇が良いとされる公務員。その1つは休暇が取りやすいという点かもしれません。休暇制度も公務員法で定められた条件で施行されています。例えば産休や育児休暇制度。民間企業でも産休や育児休暇の認知度は高まってはいるものの、実際に休暇を取るとなるとまだまだ難しく、結局出産を期に退職する...

≫続きを読む

 

公務員採用までの流れ

公務員の種類は多岐に渡りますが、どれであっても採用までの道のりは大体同じ。試験公告日を確認→出願→一次試験→合格発表→二次試験→合格発表→採用内定が基本的な流れになっています。しかし試験の公告日や受付期間などは各種異なりますので自分が受けたい試験がいつなのか注意しなければなりません。採用試験の公告日...

≫続きを読む

 

公務員試験の併願

今人気の高い公務員ですが、公務員試験の倍率は景気に左右されます。バブルの頃は公務員など見向きもされませんでしたよね。そこからも推察できるように、公務員試験は景気の良いときは倍率が下がり、景気が悪くなると上がります。景気の不安定なこの時代、どうしても公務員になりたい!という人は、複数の受験を併願すると...

≫続きを読む

 

公務員の失業保険

様々な点でシステムが民間企業とは異なる公務員。実は失業した場合の失業保険のシステムも違っているのです。民間企業であれば、職を失った場合にハローワークに通ってなんとか失業保険の受給に漕ぎつけますが、公務員の場合、そもそも雇用保険に加入していない為、失業保険を受給することができません。その代わりに用意さ...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


 
公務員の基本 公務員試験 公務員の待遇 その他の公務員になるために