面接官「どこが公務員に向いていると思いますか?」|向いている人の特徴

面接官「どこが公務員に向いていると思いますか?」|向いている人の特徴

■準備しておきたい!公務員面接で聞かれる質問

公務員試験にも勿論面接がありますが、その時聞かれやすいのが「自分のどこが公務員に向いているか」というものです。これはいわば「何故民間ではなく公務員を目指しているの?」と聞かれているのと同じで、民間企業の面接で言えば「志望動機は何ですか」と同じような質問と考えておいて良いでしょう。「志望動機」は面接試験の合否の鍵を握る重要ポイントであるのと同じように、公務員試験におけるこの「どこが公務員に向いているか」という質問に対する答えも、かなりの程度合否に影響を及ぼします。従ってしっかり答えを準備しておきたいところですが、そのためにはまず実際公務員に求められる人物像、公務員に向いている人の特徴を把握しておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

■公務員に求められる人物像・向いている人

1.真面目な人

ここで言う「真面目な人」とは、「与えられた仕事を忠実にこなす人」「決められた手順で決められた通りに行う人」のこと。悪く表現すれば、「柔軟性がなく結果の良し悪しより決まり事をあくまで遵守する人」ですね。利益を追求しなければならない民間の場合はむしろこの逆(より良い結果のためなら決まりごとに縛られず柔軟に対処する人)が好まれるわけですが、条例などによって仕事内容がキッチリ決められており、組織がその通りに機能していくことを優先する公務員の場合、決められたことに逆らわず黙々と与えられた仕事をこなす真面目な人が求められるのです。

 

2.協調性のある人

公務員の多くは地方自治体や国のある程度大きな規模の組織で働くことになるため、その中で様々な人と関わり合いながら業務を遂行していくために協調性は欠かせません。自分個人にとって合う・合わないに関係なく、セルフコントロールによって誰とでもうまく付き合い仕事をこなしていく必要があるのです。

 

3.責任感が強い人

公務員の業務内容は、場合によっては地域や管轄住民の生活や生活環境に大きく影響を与えることがあるため、与えられた業務を最後まで責任を持って果たせる人であることも求められます。また一般の人にとって公務員の立場にある人の言葉には説得力がありますから、間違ったことを言えばそれだけ民間企業で働いている人より責任が重くなってしまいます。従って、発する言葉1つにも責任を持てる人であるべきなのです。

 

4.コツコツ努力する人

公務員は基本年功序列、勤務期間の長さがそのまま役職や給料に反映されます。逆に言えばどれだけ仕事ができて実力があって成果を挙げていても、それによって給料やボーナスがアップするわけではありません。ですから能力のある人にとっては不満を抱きやすいのも公務員で、そんな中でも文句1つ言わずコツコツと仕事を続けていける人が必要なのです。

 

スポンサードリンク

 

 

■公務員に向いていない人

1.新しいことに挑戦したい人

公務員が何か「新しいこと」をやろうと考えたとしても、失敗したときの国民からやり玉に挙げられるリスクを考えると結局二の足を踏まざるを得ません。そんなリスキーな取り組みに対して財政課がおいそれと予算を組んでもくれないでしょう。結局は目立たないのが一番、前年踏襲が無難、ということで落ち着いてしまいます。そんな中「それでも絶対にいい結果が出るはずだから」と身を粉にして挑戦し仮に成功したとしても、本人の昇進や報奨、昇給には反映されないのですから、よっぽど自己犠牲をいとわない聖人君子のような人でなければ務まらないでしょう。

 

2.実力主義の人

以上のことから分かる通り、能力を発揮し結果を出せば認められることを期待する実力主義の人は、公務員に向いていません。褒められはするでしょうが、前述の通りそれが昇進や昇給には反映されないからです。唯一実力主義の人でも満足できる職場と言えば、昇任試験を導入している自治体くらいでしょう。

 

3.サービス業が好きな人

勿論公務員もサービス業と言えますが、民間のそれとは違います。民間企業にとって「お客様は神様」、お客様に満足してもらうためなら多少融通を利かしてその要求に応えますが、公務員はそういうわけにいきません。何故なら、「公務員は全体の奉仕者であって一部の奉仕者ではない」と憲法で定められているからです。1人のお客様の機嫌も損ねたくない民間に対し、公務員は1人の「お客様」の為にルールを破ることは許されないため、規定外の「お客様」は切り捨てるしかないのです。そうは言っても公務員1人1人は普通の感情を持った人間ですから、本音では「何とかしてあげたいな」と思っているわけですが、どうしようもないというジレンマに陥ってしまうのです。

 

■公務員面接で聞かれる質問に対する答え方

以上のことを踏まえ、面接で「自分のどこが公務員に向いていると思うか」という質問には、「公務員に向いていない人」に該当する答えを避けつつ「公務員に求められる人物像」と重なる部分をピックアップしてアピールするのがお勧めです。アピールポイントの裏付けとなるエピソードを混ぜ、「だからこのように働くことができると思う」と締めくくると良いでしょう。

 

スポンサードリンク

面接官「どこが公務員に向いていると思いますか?」|向いている人の特徴関連ページ

区分
公務員試験を受けようと思ったらまず区分を知ることが大切です。公務員試験の区分についてご説明します。
分類
公務員試験は分類で分かれています。公務員試験の分類とはどのような分け方なのでしょうか。
内容
公務員試験を目指す方にはその内容が興味があるところでしょう。気になる公務員試験の内容とは。
効果的な勉強方法
公務員試験の効果的な勉強方法とは。どんな勉強法が公務員試験に効果的なのでしょうか。
専門学校に通うメリット
公務員試験のために専門学校に通うメリットとは。公務員試験の専門学校の利点をご紹介。
独学で合格する
公務員試験は予備校に通うことで対策が立てやすいとご説明しました。では独学で公務員試験対策をする方法にはどんなことがあるでしょうか。
合格後
公務員試験の合格後、そのまま採用かと思いきや実はそうではありません。合格しても採用されないことがあるとは本当でしょうか。ご説明していきます。
予備校の選び方
公務員試験を受験するならば予備校に通うことをおすすめします。しかしどの予備校でもいいというものではありません。公務員予備校の選び方とはどのようなものでしょうか。
評判が良い予備校
公務員試験の予備校を選ぶときにやはり気になるのが評判が良いかどうかというところです。公務員試験の評判が良い予備校とはどの予備校でしょうか。
経験者採用試験
公務員試験の中には民間の会社を経験した人を採用する公務員経験者採用試験というものがあります。民間から公務員に転職するケースが多いですが、公務員経験者採用とはどんな試験でしょうか。
経験者採用試験の内容
経験者採用試験を受験する方が増えてきています。公務員試験の経験者採用試験の内容が気になるところだと思います。経験者採用試験の内容についてご紹介していきます。
国家公務員試験の受験資格
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
地方公務員試験の受験資格
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
公務員一次試験の内容
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
公務員論文試験の内容
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
集団討論試験の内容とは
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
面接試験の内容とは
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
面接カードの内容に何を書く
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
面接カードの体裁を考える
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。
面接における志望動機
給料が良い、定時に帰れる、仕事が楽、安定している。 不況の中公務員が叩かれるのは、ある意味羨ましいからかもしれません。 しかし、実は公務員の本当の所をあまり知らない方が多いのではないでしょうか。 これから公務員を目指す方、知り合いに公務員がいる方など公務員に興味がある方のために、 公務員のことを色々とご紹介していきます。

 
公務員の基本 公務員試験 公務員の待遇 その他の公務員になるために