公務員試験

スポンサードリンク

公務員試験記事一覧

公務員試験の区分

一言で公務員と言っても、その職種は実に様々ですから、それぞれの専門分野に特化した試験が行われる必要があり、それらを試験の「区分」と呼びます。また採用地域によって更に細かく分けられる場合もあります。例えば大学卒程度で行政に関わる仕事に、関東甲信越地域で携わる場合、「国家2類・行政・関東甲信越地域」と区...

≫続きを読む

 

公務員試験の分類

公務員になるためには、まず「公務員試験」に合格しなければなりません。民間企業の試験の場合、筆記試験にあまり大きなウェイトは置かれておらずどちらかと言えば面接重視ですが、公務員試験の場合筆記試験にウェイトが置かれることが多いです。公務員試験は、国家公務員であれば「1類」「2類」「3類」と分けられており...

≫続きを読む

 

公務員試験の内容とは

公務員試験には国家公務員と地方公務員、分類(レベル)そして区分(専門分野)によって細かく分けられます。ですから自分が就きたい職に求められる試験の種類とレベルを調べて、それに合わせた勉強が必要になってきます。しかしいずれを受験するにしても、出題される試験は以下のようなものとなります。まず公務員として一...

≫続きを読む

 

公務員試験の効果的な勉強方法|気になる勉強法

公務員試験のやっかいなところは、問題の難易度と言うよりその範囲の広さにあると言えるかもしれません。例えば教養試験の場合、文章理解や数的推理、空間把握、政治、経済、日本史、世界史、地理、文学その他多岐に渡って出題されますし、加えて専門試験は憲法、民法、刑法、経済原論などから出題されますから、範囲が広い...

≫続きを読む

 

公務員試験対策で専門学校に通うメリット

今人気の高い公務員になるためには高い競争率を潜り抜けて公務員試験に合格しなければなりません。これは非常に大変なことで、その為独学でも不可能ではありませんが、できれば予備校に通うことをお勧めします。公務員試験に向けて予備校に通うのには様々なメリットがありますが、その最も大きなものは試験の最新情報を知る...

≫続きを読む

 

独学で公務員試験対策をする方法|参考書と勉強法

今人気の公務員の競争率は高く、公務員試験に合格するのは決して楽な話ではありません。そこで時間とお金に余裕があれば、予備校で試験対策をするのが最も効果的かと思いますが、中には事情が許さず独学でやりきらなければならない人もいることでしょう。独学で勉強する場合、コツをしっかり掴んでいないと非常に効率の悪い...

≫続きを読む

 

公務員試験の合格後|合格しても採用されないことがある?

公務員試験に合格するのは決して楽な話ではありませんが、しかし試験に合格したからといって、必ず公務員になれると決まっているわけではありません。公務員試験に合格すれば、まず採用候補者の名簿に名前が登録されたとの通知が届きます。この名簿には合格者の名前が成績順に載せられており、採用する側は、この名簿の上位...

≫続きを読む

 

公務員試験|公務員予備校の選び方とは

公務員試験対策にはやはり予備校を利用することをお勧めしますが、予備校の費用もバカにならない値段ですから、できるだけ質の良いところを選びたいものですね。基本的に「ここなら絶対合格する」という予備校など存在しませんから、ある程度知名度のある学校であれば問題はないと思います。ではここで失敗しない予備校選び...

≫続きを読む

 

公務員試験|評判が良い予備校はどこ

公務員試験対策に予備校を選ぶなら、ある程度知名度のある学校を選ぶと安心です。しかし「知名度の高い予備校」も数多くありますから、その中から自分に合った、自分の目指す公務員試験に強いところを探す必要があります。例えばCMでも有名な「大原学園」や「東京アカデミー」は高卒程度の公務員試験に強いとされています...

≫続きを読む

 

公務員試験|公務員経験者採用試験とは

中には今まで民間企業で働いていたけれど、公務員に転職したいという人もいることでしょう。実は公務員を雇う側も、民間企業で培われたノウハウを国家や地方公務の中に活かして欲しいという期待の下、「経験者採用試験」というものを設置し、係長以上の役職要員として募集しているのです。経験者採用試験にはどのような場合...

≫続きを読む

 

公務員試験|経験者採用試験の内容

民間企業で磨かれたスキルや経験を公務員として活かして欲しいという期待の下に設置された「経験者採用試験」。その募集枠は年々増加傾向にあるそうで、民間から公務員へトラバーユしたいと言う人には願ってもないチャンスですね。経験者採用試験の場合、新卒者と比べると一般教養試験より論文・面接試験のウェイトが高くな...

≫続きを読む

 

公務員試験|国家公務員試験の受験資格とは

公務員は「国民全体の奉仕者」でなければならないため、採用に関しても民主的に行わなければなりません。その為特別な条件は求められず、皆が平等に試験を受け、実力に応じて採用される仕組みになっています。ただし、公務員試験にも極基本的な受験資格が存在します。地方・国家問わず、受験資格の主な要因となるのは年齢で...

≫続きを読む

 

公務員試験|地方公務員試験の受験資格とは

国家・地方に関わりなく、公務員の採用は公開平等の試験で、能力のみに基づいて決められることが法律で定められています。ですから公務員の採用試験に当たっての受験資格も基本的に細かい条件はなく、年齢制限が主なものとなります。地方公務員の場合、どの自治体に属するかで受験資格が異なります。平均的には22〜29才...

≫続きを読む

 

公務員一次試験の内容

志願者は必ず通過しなければならない公務員試験。なんだか難しそう・・というイメージを持つ人も多いかと思いますが、各学歴レベルが自分に合っていて基本がきちんとできていれば、然程難しい物ではありません。しかし昨今の公務員人気で倍率は高くなっているため、やはりできる限りきちんと勉強しておく必要はありますね。...

≫続きを読む

 

公務員論文試験の内容

公務員一次試験に合格してほっとするのもつかの間、直ぐに二次試験がやってきます。公務員二次試験で行われるのは大抵面接試験、論文試験、そして政令指定都市では集団討論試験を行うところもあります。これらのどれに最も大きく比重が置かれるかは種類によって違いますが、例えば論文一つとってみても足切りラインが設けら...

≫続きを読む

 

公務員試験|集団討論試験の内容とは

採用試験としては新しいジャンルが「集団討論」で、最近では殆どの地方上級の公務員試験に取り入れられており、国家公務員試験の官庁訪問においても実施するところが増えているようです。これは面接試験とは別の側面から人物評価をする為の試験で、議論を進めていく課程において、積極性やリーダーシップ、平衡の取れた見方...

≫続きを読む

 

公務員試験|面接試験の内容とは

公務員試験に限らず、あらゆる「試験」と名の付くものに伴う面接試験ですが、公務員試験の場合、一次試験を合格した後、日をおいて二次試験で他の論文試験等と共になされることが多いようです。面接によって筆記試験では見ることのできないその人のひととなりや態度、考え方、話し方が判断できるため、公務員に採用するかど...

≫続きを読む

 

公務員試験|面接カードの内容に何を書くか

公務員試験における面接は、予め「面接カード」と呼ばれる受験生の基礎データが記された書類を基にして進められて行きます。勿論受験生自身が書き込んで提出する物で、一次試験合格後、面接の前までに提出させられる場合が多いようですが、地方公務員試験によっては受験申込時に申込書として提出させる場合や、国家公務員試...

≫続きを読む

 

公務員試験|面接カードの体裁を考える

公務員の面接試験の場合には、予め「面接カード」と呼ばれる受験者のデータが書き出された書類を提出させ、それに沿って面接を進めるという方法をとります。この面接カードは合否をも決定しかねないほどウェイトの高い物ですので、面接官の印象を良くさせるようなものに仕上げる必要があるでしょう。実は面接カードは内容よ...

≫続きを読む

 

公務員試験|面接における志望動機について

公務員試験においては面接試験が最後の砦。ここを突破できれば晴れて採用試験合格、失敗すれば例え一次試験で良い成績だったとしても撃沈してしまう可能性もあるわけです。面接試験で特に重視されるのは「志望動機」です。もしも自分が採用する側だったら・・と考えれば想像に難くないでしょう。元々志の低い人が、採用され...

≫続きを読む

 

面接官「どこが公務員に向いていると思いますか?」|向いている人の特徴

■準備しておきたい!公務員面接で聞かれる質問公務員試験にも勿論面接がありますが、その時聞かれやすいのが「自分のどこが公務員に向いているか」というものです。これはいわば「何故民間ではなく公務員を目指しているの?」と聞かれているのと同じで、民間企業の面接で言えば「志望動機は何ですか」と同じような質問と考...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


 
公務員の基本 公務員試験 公務員の待遇 その他の公務員になるために